指輪のサイズ

指輪の修理といえば、一番はサイズ直しです。サイズが合わなくなった指輪を自分の指に合うように、サイズを広げたり、小さくしたりします。なぜサイズが合わなくなってしまうのでしょうか。原因はいろいろとあります。一番多いのが体型が変わって、購入したときと指周りの太さが違ってくることです。その他には、つける指を変えたい場合です。左手にしていたのを、右手に変えたいとか、人差し指にしていたのを、薬指に変えたいなど、着ける指の太さが違いますので、着けたい指の太さに合わせてサイズを調整したい場合です。

その他に、プレゼントで貰ったけど、どの指にも合わないので、サイズ直しして着けたいといった場合です。また、デザインなどとても気に入ってしまったけど、自分に合うリングサイズが用意されてない場合です。購入するお店でサイズ直ししてくれる場合がありますが、サイズ直しできないお店も多いので、購入後のサイズ直しを前提に変われる方もあります。海外に行って買ってきたけど、海外ではサイズ直しできないので、帰国後ジュエリーショップに持ち込む方もあります。

オークションなどに手に入れたブランドものも指輪をサイズ直しして着けられる方もいます。

指輪も材質やデザイン、構造などによって、サイズ直しできないものもあります。そういった場合は、チェーンや革ひもなどを通してネックレスとして着けることもできます。


指輪の修理の問合せ

↓指輪のサイズ直し、ネックレスのチェーン切れ直しなど、お気軽にお問合せください↓